So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

中堅・中小企業のIT意識調査 [業務知識]

ITProで2008年版中堅・中小企業のIT意識調査の結果が公表されています。

SaaSへの期待はコスト削減

わかってはいるのですが、なかなか難しいですね。コスト削減をどうアピールするかも難しく、かつデータをデータセンターに預けることにも抵抗感があったりします。こうしたことを克服しないと利用していただけないわけですし。
ただし、中堅・中小企業だと定型基幹業務もSaaSで、という要望はあると考えています。大企業になるとこれは難しいと思いますが、情報システム部門に人員を多くさけない中堅・中小企業ではSaaSのほうがよいはず。
それを仮説としてなにか考えたいと思っています。


SaaSで激変するソフトウェア・ビジネス ~ソフトウェア業界を揺るがす破壊的イノベーション~

SaaSで激変するソフトウェア・ビジネス ~ソフトウェア業界を揺るがす破壊的イノベーション~

  • 作者: 城田 真琴
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2007/10/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



SaaSはASPを超えた

SaaSはASPを超えた

  • 作者: 北原 佳郎
  • 出版社/メーカー: ファーストプレス
  • 発売日: 2007/08/01
  • メディア: 単行本



SaaS研究読本 (IDGムックシリーズ COMPUTERWORLDエンタープライズ・ムッ)

SaaS研究読本 (IDGムックシリーズ COMPUTERWORLDエンタープライズ・ムッ)

  • 作者: 月刊Computerworld編集部
  • 出版社/メーカー: アイ・ディ・ジー・ジャパン
  • 発売日: 2007/09/29
  • メディア: ムック



タグ:SaaS SMB
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

アメリカ、国際会計基準を認める [業務知識]

アメリカSECが今後国際会計基準の採用を認める方向性を打ち出しました
大手企業は2011年、中小でも2014年には導入されることを見込んでいます。2011年に義務化するかどうかを決定するそうです。

これは非常に重要な決定だと思っています。アメリカ・日本は独自会計基準を採用し、国際会計基準に合わせていく(コンバージェンス)という政策をとってきました。SECはこれを国際会計基準に一本化するかもしれない、ということを言い出しているわけです。
当然この動きは日本の会計にも影響を与えます。日本だけ独自会計基準、というわけにはいかなくなるからです。

ソフトウェア開発者がこんなことを気にしなければならないの?と思うかもしれませんが、今後会計を含めた企業の基幹業務はすべてITで管理されることになるでしょうし、すでにそうなってきています。そのITを作っているのは誰でしょう?他でもない私たちソフトウェア開発者です。ですから私たちも会計などの知識には無縁でいられないのです。
こうしたニュースはソフトウェア開発者も敏感になっていなければならないと思います。

国際会計基準に一本化されると会計ソフトに海外の製品が採用されるってことも頻繁におきるのではないでしょうか?
これには電子申告の国際共通化という壁があるとは思いますが、ここまできたら電子申告の国際共通化またはXML化は近いのではないかと思っています。日本企業もグローバル化しないと海外との競争で負けてしまいます。

そういった危機感を持つ、ということでここにメモしておきます。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

J-SOX対応は2年目以降が勝負 [業務知識]

J-SOX対応は2年目以降が勝負

昨年から今年はじめにかけて、J-SOX対応特需でIT業界が盛り上がりました。どうもみなさんそれで対応完了と思っているところがありませんか?
それはとても危ない間違いです。あと半年もしないうちに最初の財務報告が提出されます。ここでなんらかの欠陥があると指摘をうけることもあるでしょう。そこからが本当に重要なところです。欠陥はPDCAサイクルで改善していかなければならない。2年目には何らかの対応を取らなければならないのです。対応を取らなければそれこそ大問題となる。つまり2年目以降がとても重要なのです。企業は生き物です。毎年パーフェクトなどないと思ったほうがよいでしょう。特に新しいことを始めれば何かしら漏れがあったりします。それを継続的に改善していかなければならないのです。

すっかりJ-SOX対応は終了、みたいな雰囲気がありますが私は決してそうではないと思っています。本当に理解しているIT企業はここからが勝負と考えているはずです。そうしたIT企業がJ-SOXをよく理解しているといえます。

ユーザ企業のみなさんのところはいかがですか?2年目以降の対応についてお話されたことはありますか?ぜひ2年目以降の対応についてIT企業に問い合わせてみてください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

夏休みの勉強:流通業界の業務とシステム [業務知識]

季節は夏休み、すこしは業務知識の勉強をしましょう。

ということでITProでちょうどよいものがありました。流通業界の業務とシステム

私も少しだけ関与したことがありますが、本当に業務知識がないと基本設計の話もできませんから大変でした。
最近も似たようなシステムの話があったのですが、これまた少し違う分野。流通業界のシステムも幅が広くて大変です。

ゆっくりした時間があるときに勉強をしておきましょう。(下記のような本も出ていますよ)


ITエンジニアのための【業務知識】がわかる本 第2版

ITエンジニアのための【業務知識】がわかる本 第2版

  • 作者: 三好 康之
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2007/07/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

これからのIT業界に必要な知識 [業務知識]

これからのIT業界は技術だけを追いかけていてはいけないと感じています。

まずは以下のような本から学ぶのがよいかと・・・。いろいろな場面での基礎になります。

タグ:業務知識 MBA
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

セブン&アイHD、新しいIT戦略か?IT子会社を設立 [業務知識]

セブン&アイHDが新しいIT子会社を設立

位置づけとしてはIT/サービス関連事業の中間持ち株会社、だそうでいくつかあるECサイトなどを取りまとめていくようです。
nanacoも軌道に乗ってきたようですし、総合的にITを活用するようになる感じですね。

うまく仕事に入り込めないかな~。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

KDDIとMUFG、”じぶん銀行”の免許取得 [業務知識]

KDDIとMUFGが”じぶん銀行”の免許取得

携帯電話を活用した金融サービスを提供するそうですが、どんな内容になるんですかね。
とりあえず口座は円建て普通預金のようです。

まずはau Shoppingやauオークションの決済かな?ついでにポイント交換してくれるといいんですけど。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

SAPジャパン、中小企業へのERP普及を狙う [業務知識]

SAPジャパンが独立行政法人・中小企業基盤整備機構(中小機構)が、中小企業のIT化支援で業務協力

これにより中小企業へのERP普及を狙う。高いと評判だけが先行していますからね。中小機構がついてくれたことはSAPジャパンにとってはとてもラッキーなことではないでしょうか。これで中小企業への浸透が図れれば・・・。

SAPの製品を扱っている私たちにも恩恵が来るのかな???
タグ:SAP ERP 中小企業
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

東証、株式売買システムを増強、来秋にも。 [業務知識]

東京証券取引所は、来秋にも株式売買システムの機能を倍増する

まず今年7月に現在の2300万件から2800万件に増強。来秋の増強は新規システムに移行することで実現する。

ちょっと対応が遅い気がしますが、とにかくがんばってもらいましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

J-Soxに対するQ&A追加公開 [業務知識]

金融庁がJ-Soxに対するQ&Aの追加版を公表しました

まだまだ現場では解釈などで戸惑いがあるようですね。前回20問のQ&A公表に対し、今回は47問と結構あります。
今がちょうど最初の適用年度になっていると思うので、いろいろ疑問点などが出てきそうです。制度として落ち着くまで1~2年かかりそうですね。

金融庁のサイト
タグ:Q&A J-Sox 金融庁
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。