So-net無料ブログ作成

VMforceプレスリリース [SaaS&Cloud]

本日深夜のVMforceライブ・ウェブキャストに先立ち、ニュースリリースが発表されました。

Salesforce.comのPaaSであるForce.comでJava実行環境を提供するもののようです。
この環境に用いられるのがSpringFramework。インフラ基盤としてVMwareのvSphere/vCloudテクノロジーが用いられるようですね。
データベースとしてはForce.comのものが使えそうです。

これは結構強力なソリューションになるかも!?Google App Engineとは住み分けが可能な気がしますが少なくともWindows Azureとは真っ向勝負という形になりそうです。

以下入手したサンプル画面です。
VMforce_Sample_1.png
VMforce_Sample_2.png
VMforce_Sample_3.png
以下プレス用に公開された情報です。

=====================================
【米国リリース抄訳】
※当資料は、2010年4月27日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。

News Release
2010年4月27日
株式会社セールスフォース・ドットコム
ヴイエムウェア株式会社

-------------------------------------------------------------------------------
セールスフォース・ドットコムとVMware、戦略的パートナーシップを締結
世界初のエンタープライズJavaクラウド「VMforce(TM)」を発表


200万人のSpringコミュニティメンバーを含む世界600万人のエンタープライズJava開発者、
Force.comプラットフォームを利用した次世代エンタープライズCloud 2アプリケーションの構築が可能に

VMware vSphere(TM)ベースのインフラストラクチャ上でアプリケーションの管理と調整を
大幅に簡素化するvCloud テクノロジーも実装
-------------------------------------------------------------------------------

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の米国セールスフォース・
ドットコム(日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京
都港区、代表取締役社長: 宇陀 栄次)およびVMware, Inc.(日本法人:ヴイエ
ムウェア株式会社、本社:東京都港区、代表取締役社長:三木 泰雄)は本日、
新しいエンタープライズJavaクラウドサービス「VMforce(TM)」を共同で提供、
販売、サポートすることを発表しました。

「VMforce」によって、世界600万人以上のエンタープライズJava開発者(うち
200万人がSpringユーザ)は、クラウド・アプリケーションの開発が可能になり
ます。また、企業のCIO(最高情報責任者)とIT部門は、既存のプログラミング
スキルとJavaアプリケーションへの投資を有効活用しながら、「Force.com」プ
ラットフォームによって、ソーシャル環境とモバイルデバイスをリアルタイムに
サポートするエンタープライズCloud 2アプリケーションを構築することができ
ます。「VMforce」は、企業およびエンタープライズJava開発者が求める柔軟性
と制御性を確保し、また選択肢を狭めることなく、クラウドコンピューティング
の経済効果を得るための環境を大幅に簡略化します。

セールスフォース・ドットコムの会長兼CEO(最高経営責任者) マーク・ベニオ
フは、次のように述べています。
「エンタープライズJava開発者の皆様、ようこそCloud 2の世界へ。Cloud 2への
根本的なシフトには、エンタープライズ環境における新たなニーズに応えるため
のクラウドコンピューティング、リアルタイムコラボレーション、またiPadのよ
うなモバイルデバイスを包括するものです。今回、VMwareとのパートナーシップ
を通じてVMforce を提供しForce.com環境へJavaをもたらすことで、エンタープ
ライズJava開発者の皆様は、革新的で強力な新しいCloud 2アプリケーションの
構築が可能になります」

VMwareのCEO ポール・マリッツは、次のように述べています。
「お客様は、リソースと知識、インフラストラクチャなど、既存のIT資産を活用
しながら、クラウドコンピューティングのメリットをもたらしてくれるソリュー
ションを求めています。今日のアプリケーション開発環境をサポートする飛躍的
に簡素化されたソリューションVMforceにより、お客様は、これまでに投資して
きた既存IT資産と、クラウド環境がもたらすリソースおよび優れた柔軟性をひと
つにつなぐ、大きな一歩を踏み出すことが可能になりました」

初のエンタープライズJavaクラウドソリューションである「VMforce」の特徴は
次のとおりです。

・ 信頼性: セールスフォース・ドットコムが提供する信頼のグローバルイン
フラストラクチャを基盤にしている「VMforce」は、ISO 27001、SysTrust、
SAS70 Type IIなど最も厳格な基準が設けられている業界標準に認定されたサー
ビス配布インフラストラクチャの利点をそのまま利用します。現在、セールス
フォース・ドットコムおよびVMwareと協業している世界の大手企業数千社が、
今回の「VMforce」によって両社の強みを最大限に活用して、自社のミッション
クリティカルなエンタープライズ・アプリケーションをクラウド上で実行する
ことが可能になります。

・ オープン性: 「VMforce」は、広く使われているSpring Frameworkを基盤に、
POJO(plain old Java object)、JSP(Java Server Page)、Java Servletをは
じめとする標準のJavaコードをサポートします。Springをベースにエンタープラ
イズJavaアプリケーションを構築することで、ユーザは、エンタープライズJava
アプリケーションと「VMforce」間での移植を簡単に行えます。

・ 柔軟性: 「VMforce」では、アプリケーションのスケールアップが自動的に
行われます。ユーザは、パフォーマンスニーズの向上に合わせてアプリケーション
サーバやデータベース、インフラストラクチャのスケールアップを心配する必要
がなくなります。「VMforce」は、スケーラビリティをサービスとして自動的に
処理します。

・ 完全性: 「VMforce」は、信頼のグローバルインフラストラクチャ、仮想化
プラットフォーム、オーケストレーションおよび管理テクノロジー、リレーショ
ナル・クラウドデータベース、開発プラットフォームとコラボレーションサービ
ス、アプリケーションランタイム、開発フレームワーク、ツールなどのすべてを
含む、クラウド環境におけるエンタープライズJava開発のためのトータルソリュー
ションを提供します。

・ Cloud 2: Cloud 2は、次世代のモビリティ、ソーシャルコラボレーション、
リアルタイムの情報アクセスを統合し、新たなレベルの生産性を創出、エンター
プライズ・クラウドコンピューティングを次のレベルへと高めます。

■VMforce(TM): エンタープライズJava開発者のための信頼のクラウドソリューション
「VMforce」は、初めてクラウド環境でエンタープライズJavaアプリケーション
をサポートする、ミッションクリティカル・ソリューションです。セールス
フォース・ドットコムとVMwareが共同提供する「VMforce」は、世界で最も広く
使われている言語であるJavaとそのフレームワークであるSpring、また世界で
最も高い信頼を寄せられているクラウドプラットフォームである「Force.com」
のすべてを、業界をリードする仮想化プラットフォーム「VMware vSphere(TM)」
を通じて提供します。

VMforceには次のコンポーネントが含まれます。

・ Spring Framework: 「VMforce」は、VMwareのSpringSource 事業部がサポー
トし、業界をリードするJava開発フレームワーク「Spring Framework」を使用し
ます。Springによって開発者は強力なエンタープライズJavaアプリケーションを
構築し、開発の生産性とランタイムパフォーマンスを高めながら、テストの範囲
とアプリケーション品質の向上を実現できます。また、「VMforce」は、テスト
済み、認定済みの開発環境で、Javaアプリケーション構築のための最も完全な
Eclipseベースのツールセット「SpringSource Tool Suite」も使用します。

・ SpringSource tc Server: 「VMforce」アプリケーションは、Apache Tomcat
のエンタープライズバージョンであるtc Server(R)ランタイムで稼働します。
tc Serverは、仮想環境およびクラウド環境向けに最適化されている軽量アプリケー
ションサーバとして、世界中で広く使われています。

・ Force.com Chatterサービス: Cloud 2ソーシャル/モバイルアプリケーション
への移行が世界的に進んでいる現在、開発者は、「Chatter」からのコラボレーショ
ンサービスをそれぞれのアプリケーションに統合することが可能になります。事前
定義済みのこれらのサービスには、プロファイル、ステータスアップデート、グ
ループ、フィード、ドキュメント共有、Chatter APIなどが含まれています。

・ Force.com開発プラットフォームおよびサービス: 「VMforce」は、「Force.com」
プラットフォーム上で稼働するので、開発者はすでに構築されている様々なビジ
ネスサービスにアクセスし、カスタムコーディングの必要なしにそれぞれのアプ
リケーションに合わせてカスタマイズできます。これらのサービスには、検索、
IDおよびセキュリティ、ワークフロー、レポーティングおよび分析、堅牢なWeb
サービス統合API、モバイル展開などが含まれています。

・ Force.comデータベース: 開発者は、自動拡張性、高可用性、自動調
整機能、バックアップ、障害復旧など、豊富な実績を持つ「Force.comリレーショ
ナルデータベース」のメリットをすべて得ることができます。

・ VMware vCloudテクノロジー: VMware vCloudテクノロジーにより、「VMforce」
アプリケーションを支えるJava大量のソフトウェア管理が自動化され、開発者は、
ハードウェアとソフトウェアの管理に伴うコストと手間から解放されます。
VMware vCloudテクノロジーはクラウド上にJavaアプリケーションをもたらし、
「Force.comデータベース」とアプリケーションとの紐付けを自動化し、基盤と
なっているvSphere仮想化プラットフォームを管理します。

・ VMware vSphere(TM): 業界をリードする仮想化プラットフォームVMware vSphere
が、「VMforce」の基盤としてJavaアプリケーションのためのリソースの分離、
管理、仮想化を実行します。

・ Force.comクラウドインフラストラクチャ: 「VMforce」が稼働する世界
72,500社以上が利用している「Force.com」上で稼働します。「Force.com」は、
ユーザ企業が利用している最も重要なビジネスアプリケーションと機密性が求め
られる重要なデータからの1日平均2億5,000万のトランザクションを処理してい
ます。

■価格および提供時期
現在のところ、VMforceは2010年中に開発者評価版および価格情報を提供する予定です。

その他の情報(英語のみ)
・ VMforceの詳細は をご覧ください。 ・ ツイッター: @salesforceおよび @VMware(参加は#VMforce) ・ VMforceのイベントのライブ・ウェブキャストは、日本時間4月28日(水) 午前2時30分頃からでご覧いただけます。 ■セールスフォース・ドットコムについて セールスフォース・ドットコムは、エンタープライズ・クラウドコンピューティ ング企業です。同社のCRMをはじめとするアプリケーションのポートフォリオは、 営業、マーケティング、カスタマー・サービスにおける顧客とのコミュニケーシ ョン手法に革命をもたらしています。Force.comプラットフォームは、ユーザ、開 発者、パートナーに対して、強力なクラウド・アプリケーションの構築を可能に します。Salesforce CRMとForce.comは、セールスフォース・ドットコムのマルチテ ナント・アーキテクチャを基盤にしたクラウドコンピューティング・サービスで す。 ・ Salesforce CRMアプリケーション: ・ Force.comプラットフォーム: 2010年1月31日現在、 同社のサービスは、日本郵政グループ、みずほフィナン シャルグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、株式会社損害保険ジャパ ン、日立グループ、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社、 小田急電鉄株 式会社、株式会社リロケーション・ジャパン(敬称略、順不同)を含む、世界 72,500社に利用されています。本リリースおよび他のリリースや発表などで言及 している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 ■VMwareについて ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、あらゆる規模の企業 を活性化する、ビジネスインフラの仮想化をIT部門へ提供いたします。業界をリ ードする仮想化ソリューション・プラットフォームであるVMware vSphere(TM)を 導入することで、お客様は設備投資や運営経費の削減、俊敏性の向上、ビジネス 継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境への貢献を行いながら実現す ることができます。2009年度に20 億ドルの売上、17万社を超えるお客様、および 2万5千社を超えるパートナを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げてい るソフトウェア企業のひとつであり、企業のCIOによって常に「最優先」と位置 付けられている企業です。ヴイエムウェアの詳細はにてご覧 いただけます。 VMware、VMware ロゴ、VMware vSphere、SpringSource、VMware vCloudはVMware,Inc. の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名は それぞれの企業の商標もしくは登録商標です。「パートナー」 または 「パートナー シップ」 という言葉の使用は、当社と他社との法的な協力関係を示すものではあ りません。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。