So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「アジャイル開発の本質とスケールアップ」 [プロジェクト管理]

本書はアジャイルメソッドをうまく企業内で利用していくための教科書のような存在ですね。

私も数年前にアジャイルメソッドを使ってプロジェクトマネジメントをしようと試みたことがありました。しかし、その時は品質保証部門や上長の理解が得られずに断念。ウォーターフォール型管理をして結局大失敗に終わりました。
リスクを早く察知して早期に解決していくアジャイルメソッドは企業レベルでも十分に利用できるはずです。でも、ウォーターフォール型管理手法で標準化している組織では変化を怖れてしまい適用しない。でも「変化を怖れる、変化を受け入れない」というのは最大のリスクだと思うんですけどね~。

実際にプロジェクトマネジメントに携わる方だけではなく、社内標準化(等)に携わっているすべての方々に本書をお薦めします。利点(と欠点)をしっかり把握しアジャイルメソッドをもっと活用してほしいものです。


アジャイル開発の本質とスケールアップ 変化に強い大規模開発を成功させる14のベストプラクティス (IT Architects’ Archive)

アジャイル開発の本質とスケールアップ 変化に強い大規模開発を成功させる14のベストプラクティス (IT Architects’ Archive)

  • 作者: ディーン・レフィングウェル
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2010/02/18
  • メディア: 大型本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。