So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ソフトウェア会計、工事進行基準の現在とこれから [業務知識]

会計コンバージェンスに伴いソフトウェア開発でも工事進行基準が適用されるようになりました。
大手企業では適用されているとは思いますが、中小企業ではまだ適用されていないところもあるかもしれません。
再度工事進行基準とはどういうものかを復習するとともにIFRSアドプションで今後どうなるのかを確認してみましょう。

工事進行基準は3つの条件で理解できる - IFRS 国際会計基準フォーラム



会計コンバージェンスによって大騒ぎで工事進行基準の適用が進みましたが、数年後のIFRSアドプションではまた制度が変わりそうです。
もともと見積もりなどの確実性の低いソフトウェア開発での適用で難しいのに・・・とは思いますが、企業の健全性を示していくには仕方のないことなのでしょうね・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。