So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

世界から遅れる日本のIT [業務知識]

アクセンチュアの調査で、ITの分野では欧米より日本企業はパフォーマンスに劣る、との分析結果が出ています。

まず見てとれるのがIT投資の責任。欧米ではCTO、CIOといった専門のトップに全社的な責任があるのに対し、日本では事業部長という回答が多い。責任者がサイロのように社内に何人も存在するのならば全社最適化ということはどうやっても無理。システムのサイロ化はこうしたところにも原因があるように思います。

そしてITの進化への対応。レガシーというと日本ではホストを指すことが多いようですが、欧米ではUnix基盤のシステムはクライアント・サーバシステムを指す。こうしたことからもITの進化が遅れていることがよくわかります。そんな中でも「レガシー」を活用したSOAによる全体統合といった言葉だけは世界に向けて発信されます。欧米ではうまくいくのに、日本では・・・という話はよく聞きますがそれもそのはず。「レガシー」という言葉の意味が違うのですから。欧米流のやり方ではなく、日本流のやり方をしないとうまくいかないのも当然です。

また、自前主義というのも日本が取り残される原因ではないでしょうか。流通ソフトやサービスは大抵日本ではうまくいきません。そこに何らかのカスタマイズが発生する。どちらかといえばカスタマイズのほうが多く流通ソフトの影も見られないということもあるのではないでしょうか。
 真に必要な(コア・コンピタンスな部分の)カスタマイズならばそれもありでしょうが、コアではない部分にまで自前主義を持ち込むため独立独歩をしていくしかない。このあたりが最近の世界の潮流であるサービス化に乗り切れない原因があるのではないでしょうか。さらにいえば、データを外に預けることへの不信感。機能的にはSaaSを利用したい。でもデータを外に出すのはいやだ。ここでまたサービスの影も形もないくらいにカスタマイズして独自なものにしてしまう。これではいくらサービスを利用してもコスト低減にはなりません。

すべて欧米流が正しい、とは思いません。日本流のやり方もあるとは思います。しかし、今のやり方を変えない限り欧米との差はひらくばかりではないでしょうか。世界と勝負をしなければならない時代です。思い切ってやり方を変えてみませんか?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。