So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

[CentOS]seedit インストールメモ [Linux Story]

現在CentOS5上にseeditをソースコードからインストール中。

まず初心に戻ってCentOS5のインストールタイプを”GUI"に戻しています。(Serverタイプではインストールしていません)

1)コンパイル前作業
 まず環境変数をINSTALLファイルにしたがって以下のように設定
$ export DISTRO=cos5
$ export PYTHON_SITELIB=/usr/lib/python2.4/site-packages/
$ export CUSTOMIZABLE_TYPE=y
$ export AUDITRULES=/etc/audit/audit.rules
$ export MODULAR=y
$ export PAM_INCLUDE_SUPPORT=y
$ export AUDIT_OBJ_TYPE_SUPPORT=y


2)コンパイル作業
 INSTALLファイルの指示に従って粛々と実行

3)初期化
 /usr/sbin/seedit-init を実行
 ここで最初の問題にぶつかる

 スクリプトが途中でエラー終了
  a) 
    rm  /usr/share/seedit/policy/need-init
    で、ファイルが存在しないとエラー。
    => 実害がなさそうなのでseedit-installhelper.shを下記のように修正
        rm -f /usr/share/seedit/policy/need-init
        に変更して再実行
  b) 
   サービスsetroubleshootに関する情報の読み込み中にエラーが発生しました: そのようなファイルやディレクトリはありません
   というエラー。
   CentOS5をGUIタイプでインストールするとsetroubleshootがインストールされないようです。
   うーん、、、、、とりあえずsetroubleshootをインストールする方向で進行。


さて、これでServerタイプ同様にseedit-init完了まではたどり着きました。
あとは問題の起動ですね。

CentOSではrhgbというプログラムでグラフィカルなブート画面を表示しています。
これをキーワードに/etc/selinux/xxxxx/context/files下の内容を比較しているのですが、targetedにはrhgbの文字列を発見しましたがseeditにはない・・・。この辺がヒントかな???
ということでboot時にテキストモードで起動。
少し状況は変わって、グラフィカルなログイン画面(X起動後かな)でハングアップ。

根本的にグラフィカルまわりに課題がありそう。
タグ:SELinux seedit rhgb
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 1

たーとる

会社内の情報交換で
 CentOS5で試したらちゃんと動いた
というご意見が・・・。

何故何故???
by たーとる (2008-12-15 22:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。