So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「2009年国際会計基準の衝撃」 [自己研鑽]

NHK土曜ドラマ「監査法人」の影響も受け、国際会計基準へのコンバージェンスについての本が読みたくなりました。
そこで選んだのが「2009年国際会計基準の衝撃」。

会計の国際化とそこにたどり着くまでの道が紹介され、そして今後日本が世界から期待される国際会計基準へのコンバージェンスについての説明があります。すでに国際会計基準へのコンバージェンスが進んできたからでしょうか。あまり”衝撃”というものは感じませんでした。しかし、どういった経緯で国際会計基準が出来上がってきたのか、その意義はよくわかりました。

国際会計へのコンバージェンスを完全履行するのは2009年。本当にもう間近です。世界会計基準に統一されるときXBRLの意義がもっと大きくなるかもしれませんね。


2009年国際会計基準の衝撃

2009年国際会計基準の衝撃

  • 作者: 橋本 尚
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 単行本




XBRLの衝撃―日欧米40数カ国550余機関が推し進める世界標準

XBRLの衝撃―日欧米40数カ国550余機関が推し進める世界標準

  • 作者: 花堂 靖仁/ダイヤモンド社
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/03/07
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。