So-net無料ブログ作成

「コトラーのイノベーション・マーケティング」 [自己研鑽]

イノベーション・マーケティングというと何のことか最初はわかりませんでしたが、実際に読み始めると『イノベーション・プロセス』をどのようにマネジメントしていくかというものでした。
イノベーションというのは不確定要素が多いため、本書では6つの役割を中心としたロールベースマネジメントを提唱しています。その6つの役割とはA-Fと言われるもので
 A:アクティベータ B:ブラウザ C:クリエータ D:デベロッパ E:エグゼキュータ F:ファシリテータ
です。それぞれの役割を持った人がその役割をまっとうすることで、イノベーション・プロセスを進めることができるという内容となっています。

本書の最初でも記述されていますが、本書はイノベーション・プロセスに関する教科書的な存在です。
ですから、組織内でイノベーションを推進するすべての人に本書を参考にしてもらいたい。

なお、イノベーションとは技術的なイノベーションだけではありません。組織のプロセスを変えるプロセスイノベーションなど、すべての変革がイノベーションであり、本書の対象となっています。
そのように考えると組織に属するほぼすべての人が本書の読者となるべきなのかもしれません。


コトラーのイノベーション・マーケティング

コトラーのイノベーション・マーケティング

  • 作者: フィリップ・コトラー
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2011/09/16
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。