So-net無料ブログ作成

「図解入門よくわかる最新ソフトウェア開発の基本」 [プログラミング]

たまには初心にかえって、基本中の基本から読みなおしてみよう、ということで本書を入手。

何か少しは基本部分で変わっているところってあるのかなーと思っていましたが特になし。
というか、プロジェクトの進め方がいまだにウォーターフォール型をメインに書かれているのにびっくり。
確かに古い方々がなかなかウォーターフォール型以外を受け付けず、日本ではまだまだ多いとは聞いていましたが・・・、実際にはアジャイルとはいかないまでもイテレーション開発もだいぶ浸透してきているのではないかと思っていたので・・・。アジャイル的なプロジェクトマネジメントはほんの少ししか書いてなかったです。

(昔からの契約のやり方ではウォーターフォールにならざるを得ないのかもしれませんが、今はそのウォーターフォール型がビジネスの早期推進の阻害要因になっているような気がしてならないのです)

ま、なにはともあれ、昔からおなじみの内容で今のプロジェクトマネージャのもとで仕事をしなければならない新人さん等にはこれくらいの内容であたりさわりがなくてよいのかもしれません。
(でも「最新技法」というタイトルには無理があるな・・・ぜったい最新ではない)


図解入門よくわかる最新ソフトウェア開発の基本 (How‐nual Visual Guide Book)

図解入門よくわかる最新ソフトウェア開発の基本 (How‐nual Visual Guide Book)

  • 作者: 谷口 功
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2011/09
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。