So-net無料ブログ作成

「UMLモデリングの本質 第2版」 [アーキテクト]

みなさんはUMLモデリングをプロジェクトのどの段階から行っていますか?
適用しようと思えばビジネス分析段階から採用できるのがUMLです。ただ、「アナリシスパターン」などを読んでもいまひとつぴんと来ない。実装レベルのUMLは理解できるのですが、どうして「アナリシスパターン」のようになるのか、これが実装レベルとどう関係するのか今一つ理解できずにずっと来ました。

その今までの悩みが本書「UMLモデリングの本質」で解決されました。本書では分析レベルから実装レベルまでのUMLモデリングの方法を丁寧に解説しています。1つのシステムを対象に分析から実装まで解説しているので、それぞれの関係がわかりやすい。かなりおすすめです。さすがは『本質』と銘打つだけあります。


UMLモデリングの本質 第2版  良いモデルを作るための知識と実践

UMLモデリングの本質 第2版 良いモデルを作るための知識と実践

  • 作者: 児玉 公信
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2011/05/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



本書に関係する書籍もまとめてみました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。