So-net無料ブログ作成

Twitter、イラン情勢に配慮 [運用管理]

Twitterがメンテナンス時間を変更。理由はイラン情勢への配慮。

FacebookやYoutubeへの接続が遮断されているイランではTwitterが情報交換の場になっているようです。
このためTwitterは予定していたメンテナンスの時間をイランの深夜時間帯に設定、影響が少ないようにするとのことです。

24時間運用のサービスですからメンテナンスによる停止はどこかで影響が出るのですが、今回はイランにフォーカスした形になります。Twitterも社会基盤の一部になってきているんですね。

選挙後も続くイランの混乱
大統領選挙前からFacebookへの接続遮断が行われていたイランですが、大統領選挙後も混乱は続いているようです。

現在は携帯電話が利用できず、FacebookやYoutubeへの接続が遮断されているようです。Facebookは反大統領派がよく利用していたもの、そしてYoutubeは国内で何が起きているかを公開させない手段、ということで遮断されたのではないかと。
報道などを見ていると今回の大統領戦は国内を二分するかなり激しいものだったようです。内戦に発展しなければよいのですが・・・。

ネットワーク、コミュニケーションツールが遮断されるという現状をみると、携帯・インターネットが権力者にとって一番怖い存在になったということを物語りますね。



Twitterの本

Twitterの本

  • 作者: 関根 元和
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2009/02/26
  • メディア: 単行本



Twitter活用ガイド

Twitter活用ガイド

  • 作者: 藤本 壱
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。