So-net無料ブログ作成
検索選択

「上流工程で成功する人、つまずく人」 [提案・要件開発]

本書でも書かれていますが要求・要件について
 「ユーザーが決めてくれない」
 「ユーザーがはっきりしない」
と”ユーザーが決めて”くれる”ものと考えている方はつまずく人に入ります。
そもそもユーザーは要求をまとめたり仕様化する(=要件)ことを本業とはしていません。基本的に要求・要件を決めて”くれる”と期待するのは無理なのです。
ではそうした要求・要件を決める能力を持つべきなのは誰なのか?それはそれを必要とする人、それを生業とする人、つまり(IT)ベンダー側となります。

このように要求・要件はユーザーは決められないものだ、ITベンダーが「開発」していくものだとしているのがOpenThologyの要求開発。上流工程で成功するためには要求開発のような考え方が必要だと思います。
また、ユーザーの要求・要件をまとめる上で参考になるのがコンサルティングファームが活用している手法ではないでしょうか。そんな理由からこのブログではコンサルティングに関する書籍を取り上げることが多くなっています(例えば『マッキンゼーのテクニックを盗め』)。
要求仕様のまとめ方』、『ソフトウェア要求』なども参考になります。
さらにBPMなども活用するとよりよいのではないかと最近は思っています。


上流工程で成功する人、つまずく人 (技評SE新書)

上流工程で成功する人、つまずく人 (技評SE新書)




要求開発~価値ある要求を導き出すプロセスとモデリング

要求開発~価値ある要求を導き出すプロセスとモデリング

  • 作者: 山岸 耕二
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2006/03/02
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。