So-net無料ブログ作成
検索選択

「要求仕様のまとめ方」 [アーキテクト]

本来、要求開発(要件定義)を行うのは発注者側であるべきですが、「要求開発」でも紹介したとおり事実上、受注者側と発注者側が協力して業務要件から機能要件・システム要件を開発するしかないというのが実態です。では、そういったときにどのような資料をまとめればよいか、どういったポイントがあるかを紹介した本が「要求仕様のまとめ方」です。一応”若手SEのための”とありますので、今まで要件定義に参加したことのないSE/開発者でもわかる内容だと思います。この本を読んで、かつ「要求開発」を読めば要求開発(要件定義)工程に多少安心して参加することができると思います。

若手SEのための要求仕様のまとめ方

若手SEのための要求仕様のまとめ方


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。